忘却は罪か?で気がついた自分の処世術

忘却は罪なのか?

皆様お久しぶりです。管理人のマイロです。

時が経つにつれて、自分が酷く落ち込んでる状態の感覚を忘れていきます。これは自然なことだと思うのですが、同時に過去から学んでないじゃないか?と自分を疑ってかかります。また再発するのではないかという不安もあります。

気質からかもしれないのですが、こういった自分が怠けているのでは?という感情に支配される場合が多々あったとこれまでの人生振り返るとあります。

学生時代の鬱々とした感情は、中学生から始まったと思います。あの頃不良に殴られ、脅され酷く不安定な感情のまま生活を続けておりました。自分を偽ってなんとか学校も行って塾に行くという、今から考えても疲れる生活を続けておりました。

冷静な思考と本気の取り組みは、負の思考を纏った状態では生まれにくいと思っています。よって、忘却結構。忘れて、その日だけを大事にいきること。これが私の処世術です。

ブログを添削しよう

日本の会社に転職して、はや3ヶ月が過ぎました。東京ですが、中心部とはかなり離れた場所にオフィスがありますので、満員電車で疲弊することもなく、通勤時間も短いです。また残業もありませんので比較的安定した生活を送れているように思います。週末は趣味でDIYをして遊んでます。考えるに、私の今迄の人生の中では、トップクラスに入る安定っぷりが続いております。素晴らしいことで、感謝しております。

ただ気がついたこと、というより再認識したことがあります。苦手な人や、私の意図とそぐわない言動を同僚がすると、その内容が頭の中を不安とともに支配します。

今負荷が少ない環境で働いているのにも関わらず、このような不安障害があるのは、実は昔からであったと再認識しているところです。

この私が抑鬱になる性格気質は、簡単には変えられません。かといって、今までと同じく今の会社で振る舞いを繰り返せば同じことの繰り返しになると思います。

今こそ、この2017年からの大鬱を経て培ってきた思考と知識を活用するべきだと思っています。具体的には、私がこのブログで書いてきた内容を振り返っていきたいと考えています。添削をするイメージ。

添削活動をすることで、思考整理やあらたな気づき、モチベーションの向上といった効果を期待しています。

今日もついてる!

決断後



本ブログ読者の皆様こんばんわ。管理人のマイロです。前回の記事で、環境変化の機会があるとの記事を書きました。ブログのおかげで、きっぱりと環境を変えるとの結論をくだすことが出来ました。ありがとうございます。今日は朝起きたら、熱があり身体がだるかったので医者に行き初めての病欠をしました。前日迄のオーバーワークが原因なのと、決断を下して会社の上司に申告した後の周りの反響を気にしての不調かと思います。この良く言えば他人の目を気にし過ぎてしまう性格気質が私の疾患の大きな要因となっております。こうしてブログに書くとそれがより明確になって良いですね。打ち合わせで一緒だったあの人から何か言われているのだろうなとか余計なことを考えてしまいます。仮にそうであったとしてもその後の私の人生には、一切関係ないのにです。過去は捨て去り、今を懸命に知恵を絞って生きで生きたい。心にいつも太陽を!私はついてるし、客観的にみても恵まれた主人公です。主観的、感情的に生きるのは辞めて主人公である自分を冷静に客観視点で幸せに生きていきましょう。今日も、ついてる、ついてる。と自分を良い方向に導いてやります。洗脳という言葉は、自分には優しい言葉に聞こえないので、あえて導くとの表現をつかっていきます。今日も最高についてる、ついてる!