第五話 初めての鬱病発症 休職開始

 

メンタルヘルスクリニックの方の機転で、出張先から帰ってすぐに実家に帰ることができました。

ただ、繰り返しとなりますがこの時代、うつ病で休職するといったことがあまり認知されておらず、上司から以下のような電話が携帯にありました。

上司 「体調はどうですか?」

私 「良くありません」

上司 「そうですか。休むということですが、どれくらいかとか分かりますか?」

私 「分かりません。メンタルクリニックの方からは、とにかく休めと言われました」

私(半ば絶叫?) 「辛いので電話はしてこないでほしいです。」

上司 「・・・・」

多少、記憶が曖昧な部分はありますが概ねこのような会話でした。

うつ病の急性期は、物事を全てネガティブにとらえるので、電話一本鳴ってもものすごく不安になります。

当然、上司からの電話なんてもってのほかで、辛い・ストレスをためてしまうだけです。

本サイトを読んでいる方で、部下がいらっしゃりその方が疾患にかかったらそっとしておいてくださいね。彼らは普通の状態じゃないのです。

仮面鬱という言葉がありますが、嘘をついて会社を休職してなんのメリットがあるのでしょうか?昇格もしないし、ボーナスも出ません。傷病手当金はでますが、満額でないので収入も減ります。

嘘をついて休職している方が本当にいれば残念ですが、休職している方々にメリットはございません。気持ちの問題で片づけるのではなく、うつ病は立派な病気なのだということを世間に認知して頂く必要があると実感しております。

なぜこんなことをあらためて書くのかというと、鬱症状が軽くなっていく段階で、患者自身が「自分は本当に病気だったのだろうか・病気なのだろうか?」といった疑問を持ち始めるからです。過去の自分の状態を忘れ、現状で物事を判断してしまうのです。

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」と言いますが、人間本当に良く出来ていると思います。従って、疾患の経験がない方がうつ病で休んでいる人たちを優しい目でみれないのは、ある意味仕方のないことだと思います。患者自身すら忘れてしまうのですから。

疾患を持っている方は、過去の自分の状態をメモや日記に残し、「自分は、確かに病気であった」ということを記憶しておいてください。

この記録するという行動もうつ病、双極性障害再発防止に向けた、一つの方法です。

初めての鬱病発症 続・休職期間 に続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です