ハッピーな年寄りになりたい

本サイト読者の皆様こんにちは!

本日関東地方は、32℃~35℃ととても暑い日でした。

歩くだけで汗が止まらなくなったり、普段では食べないソフトクリームを買ったりと我々の生活自体も変わってまいりましたね。

季節というのは、感情や行動に大きな影響を与えるものだと改めて思い出させて頂きました。

今回、うつ病、躁うつ病、双極性障害に全く関係ないお話をさせて頂きます。ご了承ください。

本日私はゴルフに行ってまいりました。数少ない趣味の一つでございます。

楽天のGORAというサービスの中に一人予約サービスというのがございます。

こちらを利用して、まったく見知らぬ方々とゴルフをプレーして参りました。

ゴルフをしたのは今年2回目で、前回も一人予約サービスを使って初めてお会いする方々とプレーを楽しまさせていただきました。

どちらも平日にプレーしたので、私以外のプレイヤーは定年退職をされて引退された方達ばかりです。ちょうど、私の父母世代70歳~75歳でした。

皆さま70年以上も生きてきたのですから、当然それぞれに個性溢れる方たちばかりでした。

しかし、一緒にゴルフをし、プレー内容やプレー態度、表情や垣間見せる感情、言動をつぶさに観察させて頂いて私が気が付いたことがあります。

それは、積み重ねてきた個々の人生が、その方の表情や態度にみごとに現れるということです。

どういうことでしょうか?

試しに、あなたの周りのお年をめした方を探してみてください。、顔・目・話し方やその方の性格をじっくりと観察してみてください。

優しく、幸せそうなおじいちゃん、おばあちゃんはあなたの傍にいるでしょうか? 逆に、失礼ですが精神年齢が高くない人。いつも怒っている、不機嫌な人、人と関わりを持ちたくないといった印象を与える方々はいないでしょうか?

人が日々の事柄に感謝をしながら生活していると、人の顔や態度は段々と穏やかになってくるのですね。

これを50年続けていったら、その差は一目瞭然となってしまいます。

時間、事実いうのはあまりにもはっきりしていて、時に残酷ですね。

良い態度と幸せな表情には理由があります。

人を欺いて生きてきた人達は穏やかな顔にはなれません。

あなたも是非、日常に感謝しながら年をとっていってください。

あなたが年老いたときに、若い人達に「この人は、感謝の念をもって正直に生きてこられた方なんだな」と思って頂いたら、あなたの人生は実りがあり、幸せなものだったのでははないのでしょうか?

感謝あふれる年の取り方をし、ハッピーな老人になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です