いいかげん思考を放置しない

 

2017年8月25日(金)、未だ早い時間帯ですが東京は快晴です。

窓をあけると涼しい空気が入ってきます、良い一日になりますね。

久しぶりの投稿になりました。

本サイトを管理しているマイロです。皆様いかがお過ごしでしょうか?

本サイトの記事はいい加減な気持ちで書きたくありませんので、気が充実して皆さまに伝えたいといった思いが募った時に私の思いを記事として吐き出していきます。

不定期になるのはご了承ください。

ただ、お子さんが鬱にかかったりして相談したい内容があればいつでも聞きますので、問い合わせフォームでご連絡ください。

今回の記事は、「いい加減な思考・考え」、「中途半端な思考・考え」を放置しないということの大事さについてです。

あなたの疾患が良くなってくると、次にに記載するような感情があなたの中に出てくると思います。

  • 私がほんの数ヶ月前に鬱または躁鬱状態であったことが信じられない。
  • 一睡もできず、常にマイナスの感情に支配されていた日々を過ごしていたのは現実ではない感覚がある。本当に私は病気だったのだろうか?
  • そして、こうも思っているのではないでしょうか?すっかり良くなったし、医師に緩解と言われた。薬は飲めと言われているが、昔と変わらず感情の変化が少なく、毎日過ごせている。もう、大丈夫だし治療も必要ない。
  • また、日々の感情や対人関係が雑になっていないでしょうか?例えば、電車に乗って、隣の人との距離が近いと簡単に苛立ったり、心の中で悪態をついたりと。

そう元々の元気な頃のあなたが戻って来ている、過去の自分に補正されていっているのですね。

こういった時には、注意が必要です。次のことを自問してください。

  • このまま、元の性格気質に戻って良いのだろうか?
  • 病気になったのは、自分の思考方法に問題があったのではなかったのか?それを何か改善してより良い日々を過ごすにはどうしたらいいのか?
  • 昔の自分の性格気質は、日々の生活で起こってくるであろう悩みにつながる要素を含んでいないか?

疑問を持ってください。なぜ私は、いや人間は元の鞘、元のベクトルに戻ろうとするのか?

当たり前ですが、長い人生で蓄積、こびりついた思考・考え・生活習慣というのは、中々改善できません。

ただ、厳しいことを書きますがこれを改善しないと元の木阿弥です。

さらに普段忙しい中で過ごしていると、自分について調べないのでこういった自分の心、思考を改善しようといったアイデアは生まれません。

しかし、一旦病気で辛い思いをした後は、これを改善していく絶好のチャンスです。ピンチをチャンスに変える絶好の機会だと思ってください。

正直この回復期で元の性格気質を矯正、補正しないといつかあなたの疾患は再発する可能性が高いです。

回復期間というのは神様に与えられた時間であり、人生を変える絶好のチャンスだと思って、慎重にじっくり丁寧に決断しながら生きていきましょう。

焦り・いい加減な思考・行動はくれぐれも慎みましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です