大愚流 怒りのいなし方

 

本サイト読者の皆様、こんにちは!!

大愚和尚のYoutubeは繰り返し聞いているのですが、自分の復習としても投稿記事にする活動をしていき、自分のものにしていきたいと思っています。

大愚和尚の一問一答の投稿で、「怒り」のメカニズムとキレない技術という投稿があります。

一度視聴してもらいたいのですが、私自身が補正すべき内容を大愚和尚が説かれています。

私の「怒り」のメカニズムとキレない技術に対する解釈は、以下のようなものです。

  • 怒りが発生するのは本能である。本能をコントロールするのは困難であり認めてあげる必要がある。
  • 怒りという名の本能を可能な限り客観視してあげる。具体的には、内観をする。
  • 大愚和尚のここでいう内観は、自分の心と体の状態を調べてあげることであって、本サイトで紹介している内観とは何なのか? と共通しております。

去年、アンガーマネージメントという講座を受けてきたのですが、自分の怒りを客観視するという意味では共通するものがあります。

怒ってもいいんだ、怒りやすいのは自分の本能からくるもので認めてあげるしかないんだと良い意味で開き直ると気持ちがぐっと楽になりますね。

ただ決して、怒りの矛先に八つ当たりはしてはいけませんよ。その場は、ぐっとこらえて席を立ち、屋上で叫ばばよいのです。

怒りは5秒で収まるらしいので、5秒間カウントしてから内観をするでもよいと思います。

大愚和尚は別の投稿でおっしゃられておりましたが、内観をするのに5W1Hを使うと捗ると思います。

ご存知かもしれませんが、「いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)」という6つの要素のことですね。

このツールを使って、ご自身の怒りを分析してみてください。分析し終わることには、その怒りは「ふっ」と消えていて次回同じような状況になったときは、冷静に対処できると思いますよ。

私も修行中の身です。皆さん、勉強していきましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です