鬱病は再発します

 

皆さまこんにちは、本ブログ管理人のマイロです。

今回の記事は、鬱病がひと段落して生活に支障がない状態まで緩解した。

もしくは、緩解してから数年単位で元気に生活出来ている方への私からのメッセージです。

現在治療中、そうでなくとも悪心が激しい方は読まないでください。悪化する可能性がございます。

私は、鬱病になって就業不能状態になったのが二回、近い状態になったのも正確にはカウントしてないですが、4,5回あります。

簡単に書いてますが、この期間約20年といった期間で、青年期、中年期といった年齢で繰り返し発病しております。

若い方は、完治しないと駄目だと考えると思います。私もそうでした。ただ、これだけの経験をすると、それが難しいことが分かってきます。

落ち込ませるかもしれませが、一度でも経験した方は何度も繰り返すと思っています。それは何故か?本ブログでも記載している脳や考え方を矯正する方法を貴方に定着させるのは時間がかかるからです。

人生生きて行くためにには仕事や人間関係が必要です。

その二要因が、私にとってストレス発生源の大元ですがこれを0にする事は生活をしていく以上、難しいと考えています。

それではどうするか?ですが、再発する可能性を理解して生きていくといった回答になります。

物足りないですよね?

納得いかないですよね?

 

ただ、これは事実なのです。

人間の性格気質など少しのトレーニングで治りませんし、突然の事故が発生し、心を大きく揺るがすことだってあるのです。

いきなり犯罪に巻き込まれれば、誰だって大きなショックを受けるのです。

なので、再発と書きましたが、鬱病になる可能性は万人にあるということです。

おごらず、謙虚に日々自分の状態を見つめ問題発生可能性といったことを頭の隅にいれておくことで、少しだけ心に余裕がある状態になるのかもしれません。

 

読者の皆様も一度再発は普通に起こるといったことを念頭に入れた考えを持つことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です