デールカーネギーは至高の本を出版している

本ブログ読者の皆様、こんばんわ!管理人のマイロです。

今回も思いつくままブログを記すスタイルで書き進めたいと思います。

本日の題名ですが、どうしてもデールカーネギーについて書きたかったんですよね。

私が彼の著作を知ったのは、23歳くらいの時でしょうか、その時勤めていた会社が何でも研修を受けていいよくらいの太っ腹な時代でしたので、デールカーネギー関連の講習を受けたい!と上司に相談したことがあります。

怪しい記憶ですが、読んでいた本は数冊でそのなかの人を動かすに関連した講習だったとおぼろげながらおぼえております。

さて、私がその講習を受けられたか?ですが、お前には早すぎる!!みたいなことで敢無く撃沈してしまいました。

その時彼の本を読んで、分かった気でいたんですが今思い返すと全然そんなことはなかったですね。

知り合いに勧められたオーディオブックで彼の本を聴いておりますが、何度聞いても聞き飽きることはありません。

何故飽きないかなのですが、色々な生徒さん、歴史上の偉人の逸話を含んだ構成で今も昔も悩みや根幹とする大事な能力というのは時を経ても色褪せないんだなということを感じさせてくれるからだと考えています。

個人的に強くお勧めしたいのは、「道は開ける」の上下巻です。本ブログを訪れる人は必読の本かと思います。

携帯のオーディオブックで購入して、何度も聞いてください。冗談ではなく、100回聴いても聞き飽きないと思います。

それくらい、あなたの心の悩みを取り除くヒントが記載されているんです。騙されたと思って聴いてみてくださいね。

一夜賢者に通じるお話しも出てきます。最悪の事態を想定しておくといった心の備えのお話し。過去は葬りさる。死んだ犬を蹴飛ばすやつはいない。

金言集だらけの本です。また、1930年代も鬱で悩まされていた人が多くいたことがこちらの本ではっきりと分かります。技術は発展していますが、

人の中身というものは音楽のように発展は遅いものなんですね。私はこの世から不幸な精神疾患がなくなれば良いと思っておりますが、

何十年たっても、医学が発達してもなかなか取り除けないものなんですね。なので、皆さんに起こっていることは、やや乱暴に言えば、

起こるべくして起こっているのかもしれません。よく、鬱は心の風邪と言いますが本当にその表現はぴったりだなと思いますし、

簡単にかかり、また過ぎていくといったことを繰り返すのも当たり前なんだなと思うわけです。

今回の記事では、デールカーネギーの「道は開ける」について紹介しました。今度は、1小節くらいまるまる解析する記事でも書いてみますね。

その様な記事があれば、如何に彼の本があなたの考え方を矯正するのに役立つかが分かるかと思いますよ。

では、皆様良い一日でしたね。ついてました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です