私は病気なのかと悩んでる君へ


今回は、数度の鬱、双極性障害診断で勤労出来なくなった体験から、同じ境遇にあった方、またそのまっ最中の方に向けて当方の考え方をお伝えしたいと思います。

鬱病、双極性障害と診断されると休暇に入ります。そして、きっとこんな風に考える時間があるのではないでしょうか?「私は本当に病気なのだろうか?」、「逃げているだけではないだろうか?」、「病気ではなく、単なる甘えなのだろうか?」。こんな思考になる時が、必ずやってきます。休んでいると、仕事の不安ごとやこれからの人生といった先のことまで心配し、ゆっくり出来ない日々が続くと思います。

この状態だと散歩や外に出るということも煩わしく感じ、一日中家にいることになります。

一日家にいても、前述の様な思考に囚われ身動きがとれずだと思います。投薬をし、ひたすらに寝ようとする日々が続きます。

これが少なくても丸一カ月は続くんですね。この状態で自分が病気であると認識してもらいたいと思います。当方が実感したのは平仮名の積み木を上手く組み立てられない、簡単な暗算が出来ないといったことでした。医者からいくら貴方は病気だと言われても認知出来なかったのですが、この普段意識せずに出来たことが出来ないという体験が認知への大きな足がかりでした。

自分が病気であると、正面から認識することは寛解への大きな一歩です。本記事が皆様の治療に役立てば嬉しいです。

今日も幸せです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です