私は病気なのかと悩んでる君へ


今回は、数度の鬱、双極性障害診断で勤労出来なくなった体験から、同じ境遇にあった方、またそのまっ最中の方に向けて当方の考え方をお伝えしたいと思います。

鬱病、双極性障害と診断されると休暇に入ります。そして、きっとこんな風に考える時間があるのではないでしょうか?「私は本当に病気なのだろうか?」、「逃げているだけではないだろうか?」、「病気ではなく、単なる甘えなのだろうか?」。こんな思考になる時が、必ずやってきます。休んでいると、仕事の不安ごとやこれからの人生といった先のことまで心配し、ゆっくり出来ない日々が続くと思います。

この状態だと散歩や外に出るということも煩わしく感じ、一日中家にいることになります。

一日家にいても、前述の様な思考に囚われ身動きがとれずだと思います。投薬をし、ひたすらに寝ようとする日々が続きます。

これが少なくても丸一カ月は続くんですね。この状態で自分が病気であると認識してもらいたいと思います。当方が実感したのは平仮名の積み木を上手く組み立てられない、簡単な暗算が出来ないといったことでした。医者からいくら貴方は病気だと言われても認知出来なかったのですが、この普段意識せずに出来たことが出来ないという体験が認知への大きな足がかりでした。

自分が病気であると、正面から認識することは寛解への大きな一歩です。本記事が皆様の治療に役立てば嬉しいです。

今日も幸せです。

鬱病、双極性障害とは何なのか

鬱病、双極性障害とは何なのか

いったい鬱病、双極性障害とは何でしょうか?完全に寛解すると他人ごとの様に感じたり、過去の状態を忘れたりします。

まさに、

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ですね。人間の優れた特徴であり欠点でもあります。

何故自分は病気になったのか?分析してみると、「あらゆる事象をストレスに感じていた」この状態に到達するラインを超したんだと思います。まるで、コップの水が溢れでる様に。普通の状態であれば、少しのストレス事象が発生しても防御したり、かわせたりしますが、防御も出来ず、足もあげられない状態に心が陥ってしまった状態。そんなイメージです。

その様状態の人に対して、病名をつけてあげて社会的に守ってあげられる環境にするのが、鬱病、双極性障害といった概念だと考えています。

つまり、私の「鬱病とは?、双極性障害とは?」の回答はこの定義になります。

間違いなく、厄介な病気であることは間違いありません。しかし、その状態に甘え周囲サポートを長く受け続けるのも違う!と考えます。

最終的には、全ての事象を自分が正面から受け止めて立ち向かう勇気を持たないと治らない病気です。

こんな考えで、今はいます。本ブログをいつも読んでくれてありがとう。ついてます。

晴れ渡る空が見えますが、同時に陰りもあります

晴れ渡る空が見えますが、同時に陰りもあります

双極診断後から復職して、約一年半が過ぎました。その間、居心地の良い環境を求めて転職を一回しました。今回は、今の私の心のポジションを赤裸々に語りたいと思います。大鬱期は、何もやる気がせず働く気もしなかったのですが、社会保険制度と健康保険を活用し、一年のリハビリを経て2018年4月から働き始めました。給与はかなり下げて臨んだポジションだったのですが、10数名をまとめる管理職でストレスを溜めてしまいました。入社する前はあまり仕事内容、ポジションについて詳細を聞かないようにしていたんですが、この転職で大いに反省いたしました。ぼろぼろになりかけていたのですが、なんとか持続しある程度のパフォーマンスは出せていたかと思います。ただ、これを後何年も続けるのは精神にも肉体にも害を生じるなと考え、復職前に見学に行った会社に応募し内定をいただき今年の四月から新しい環境で働いています。転職前から分かっていたのですが、あまり厳しい環境ではなく、かつ管理職でもないので非常に楽に過ごすことが出来ています。半年も経つと、他のことが出来る余裕も生まれてきました。週末起業までは到達していないですが、近い状態に持っていけたら良いなという取り組みが出来ています。今の会社には感謝しかないですから、なにかしらの成果、成功をストレスなく成し遂げたいとも考えています。さて、この状態になると躁転しているのか?と思えるくらいにオーバードライブ的な感情を持つことがあります。あからさまに他人を軽蔑したり、横柄な態度とる様な想像をしてしまいます。なんとか抑えてはいるのですが、いつ爆発的に感情が溢れだすのか不安でもあります。毎日一夜賢者と神社でお祈りしていますが、これが防波堤になりうるのか。やはり、精神世界の修行も道のりは長いです。折角きた今の道を真正面から受けとめて、さらなる飛躍と精神の安寧を求道していきたい所存です。

私の実体験が、どなたか一人にでも役立てば良いと本ブログを書いています。最後まで読んで頂き、ありがとうございました。