心技体の真価

本サイト読者の皆様こんにちは。2017年9月19日、マレーシアからインドネシアに向かう空港で本記事を書いています。旅はお金がかかりますが、人生に刺激と潤いを与えてくれるイベントですね。

そんな私ですが、旅に出る前はめっきり外出する機会が減っておりました。

暑かったり、雨が降ったりした気温の変化が重なり、気持ち的にも気乗りしなかったのでしょう。天候は精神に影響を与えます。

疾患の急性期には、かなり意識して歩きました。歩くと、悪心が明らかに和らぎ楽になるからです。

知り合いをなかば強引に誘って、新宿駅から池袋まで歩いたり、山手線一周を試みたり、山登りをしたり、駅から実家の区間をバスを使わず歩いたり。

とにかく、悪心を取り払うべくかなり意識して歩きました。

この様な活動は、私の治療に貢献してくれました。

さて、旅に出る前まで歩かなくなって明らかな変化が始まりました。それは、あの厄介者悪心が徐々に増え、怒りやすくなってきたことです。

この旅に来て観光地に行くために歩き回っています。開放的な空気とあいまって、悪心等完全に消え去りました。

面白いものです。人間、自分にあった活動をすると如何にそれが効果的に形となって心、体に現れるのかを実感している次第です。

心技体。どれが欠けても上手く心を管理出来ないんだなという確信を持ちました。

心は、平穏な脳を保つ思考。

技は、本サイトで紹介している様な不安や悩みを軽減、取り払う技術。

体は、身体を動かし心技でカバー出来ない補正を矯正するための人間本能に訴えるやり方です。

如何でしょうか。なんとなく心技体って抽象的な言葉だったと思うのですが、何か目的。ここでは、心穏やかに生活すると設定した場合の心技体は何か?と考えるとイメージが湧いてくると思います。

心を平穏に保つ為に、心技体を意識して生活しましょう。

睡眠障害を克服する

2017年9月12日(火)。東京都板橋区は雨です。皆様、如何お過ごしでしょうか?

今日は、寝る技術といったお話しをしたいと思います。

疾患を患う前後、睡眠障害に悩まされた方も多いかと思います。

私の場合は、全く寝れない日々が続きました。

寝れないと焦り、さらに自分を追い込むといった悪循環ですね。

睡眠薬を飲んだ場合であっても、寝れなかったりしました。

寝ようともがき苦しみ、歩いたり、本を多読したりするのですが、

いっこうに寝れず、ベッドに横たわるもののちょっとした物音が気になって

イライラし余計に寝れません。脳神経が過敏になっていたのでしょう。

寝るという本能的な行為が損なわれると、生物は異常をきたします。

普段できることが出来なくなったり、不安な考えに囚われたり、考えがまとまらなかったり、

通常の社会生活を送ることは当然困難になってきます。

それがプレッシャーがかかる場面では余計にそうでしょう。

この様な状況から解放され、不安が取り除かれ、睡眠も取れるようになってくると心と体は急激な回復に向かいます。

緩解してもたまに寝つけない日々もありますが、以下のように考えるようにしております。

「寝れなくてもいい。明日、眠気と戦えばよくここで悩むよりもましである」

この様な思考に落とし込みます。

この思考方法も私の友人に教わった考えです。

皆さまは、如何でしょうか?

寝れないと悩み、一日中寝れずに思い悩む選択をするよりも寝れないとキッパリ諦め、

翌日に負荷を引き受ける判断を脳内で行う。こうすると、逆に「すっと」寝れたりします。

睡眠で悩んでいる方は、是非思考を変えてみてください。

 

本サイトでは、皆様の疾患体験を募集しております。

皆さまの疾患体験を匿名にて本サイトに掲示させてください。

体験を教えて頂くだけでなく、そこから学んだこと、これから注意していきたいこと、

参考になった書籍等も教えてください。本サイトを通じてあなたの貴重な体験が他患者様の病状改善に必ず役に立つ時が来ます。

どうか、お気軽に本ページ問い合わせメールフォームでご連絡ください。

 

 

思考を習慣化し強化する

本サイト読者の皆様、こんばんわ。9月6(水)深夜2時。東京は雨がしとしと降る涼しい天気となっております。

少し前までは、気温が高かったので外を歩こうなんていう気持ちにもなれませんでしたが、散歩、ランニングがしやすい季節になってまいりましたね。

本日の投稿ですが、思考の定着、習慣化することの大事さについてご紹介したいと思います。

正直言いまして、現在の私はこれを全く出来てきません。そして、この自分にとって必要な思考を習慣化出来ていないという事実は、私の人生における危うさでもあるのです。詳しく説明します。

人間は忘れるという特性を持っています。この忘れるということは重要で必要なことなのですが、時々重要なこと、必要なことでも忘れてしまうことが発生してしまいます。

私の場合で言えば、本サイトで紹介していることをいつ何時でも自分自身が完全に実践出来ているかといえば、実際はそうではありません。

窮地に陥った時や、他人に言われたことで傷ついた時など取るべき思考方法になかなか自分自身を誘導できない時があります。

ただ、人間学ぶということが出来ますので日々の訓練で自分にとって必要な思考をある程度定着化することが可能です。

心が安定しており、いつも朗らかに人生を闊歩している方達は総じてこのような訓練を生活の一部に取り込み、必要な思考を定着化させている方々が多いと思います。

今日の記事を書こうと思った理由は、私の知り合いで実践されている方がいるからです。

その方は、朝30分~60分ほどかけて

  1. 自分にとって重要な考え方を箇条書きにしたもの
  2. 自分が気に入っている文章や表現

これらを毎日読み返し、必要があれば加筆修正しております。この活動は、自分が納得した思考、重要な考え方を脳に定着させることができます。

つまり、突発的に何か不測の事態が起こったとしても思考の準備が出来ている状態を日々作り出しているといっても過言ではないでしょう。

こういった活動をすることにより、ある時に自分が納得して信じられるといった知識を自分のものにすることができます。

私も身を引き締めて、日々の生活に組み込める様にしていきたいと強く思います。